これを見れば納得!M&Aの手続きの流れについて

検討→方針・課題の整理→買い手へのアプローチ

M&Aを行う場合、始めにやることとして本当に会社を売却してもよいかを真剣に検討する必要があります。その場合M&A以外にも他に手段がないかを検討してみるのがいいでしょう。中立的な立場にある専門会社に相談してアドバイスを受けることもおすすめです。

M&Aを行うと決心して、依頼先も決まったら仲介契約またはアドバイザリー契約を結ぶ必要があります。この時点でM&Aにおける方針や課題の整理をしておきましょう。M&Aの手続き方法や優先順位を整理して、売却価格を決定するのが大切です。

買い手へのアプローチ方法は、始めに買手となりそうな会社の候補をリストアップしておきます。さらにそこから条件に合いそうな候補に絞り込みます。そして匿名の企業概要であるノンネームシートを買手候補の会社に提示して打診します。興味を持ってくれた買手候補がいたら秘密保持契約を結びIMを開示しトップ同士で面談となります。

詳細調査→条件交渉→最終契約・代金受け渡し

基本合意をしたら、買手企業は売手企業の詳細調査を行います。詳細調査はデューデリジェンスと呼ばれ、財務や法務、事業や労務に関する調査を行い売手企業の実態を把握します。詳細調査を行った時に問題が発覚すると買手企業が悪い印象を受けてしまいます。したがって何か問題がある時は、調査の前に事前に開示しておくようにしましょう。調査は専門家が帳簿を閲覧したり会社の状況などをチェックしたりします。詳細調査が終了したら、順守すべき事項や守秘義務などに関する条件交渉を行います。その後最終契約書を取り交わし、代金の受け渡しが行われます。

M&Aの最大のメリットは、弱い部門を時間をかけずに強化できることです。例えば、技術はあるのにマーケティングに弱い企業が、その分野に強みを持つ企業を買収することで、スムーズに事業拡張が図れます。