仕事の生産性を上げるには!?仕事を効率化させる時間術4選

todoリストを作成する

仕事を効率的にこなしたいのであればtodoリストを作成するのがいいでしょう。todoリストとは仕事のチェックリストのことで、todoリストを書くことにより仕事の優先順位が見えてきて効率的に行うことができます。

午前中は頭を使う仕事をしましょう

1日の中で午前10時30分前後が最も脳が高回転する時間帯です。したがって午前中は「脳のゴールデンタイム」と言われています。しかし「脳のゴールデンタイム」は昼食を食べてしまうと急激に減速してしまうので、頭を使う仕事は午前中に行うようにしましょう。午後は頭をあまり使わないルーチン的な作業を行うのが最適です。

目標タイムを設定すれば仕事の効率もアップ

仕事を行う際には仕事を終わらせる時間を設定すると、集中することができ仕事の効率もアップします。目標タイムを設定する際のポイントとしては、仕事を小分けにして目標タイムを設定することです。そうするとゲーム感覚で仕事を確実に早く終わらせることができます。

パソコン操作を時間短縮する方法

パソコン操作も時間短縮するコツを知っていれば、仕事を効率化させることができます。パソコン操作で時間短縮するには、ショートカットキーの機能を覚えて使いこなせるようにすることです。ショートカットキーとは、「Ctrl」+「P」=印刷のように操作を一瞬で行うことができる機能で、他にも「Ctrl」+「C」=コピーや「Ctrl」+「V」=ペーストなどがあります。

他にもよく使う言葉は辞書登録しておくとパソコン操作の時間短縮につながります。辞書登録は始めの設定に時間はかかりますが、設定してしまえばとても便利な機能です。

作業の効率をアップさせたいなら、ワークフローを上手に活用しましょう。システムを導入したいなら、まずは無料で試してみるサービスがおすすめです。