1000円カットは店の形態によって違いがある

1000円カットだけか普通のカットも行うのか

1000円カットと呼ばれる理髪店や美容店は、店の形態によって二つに分かれます。まず、1000円カットのみ行う店、そして、カットメニューの一つとして1000円カットを含んでいる美容室や理髪店です。前者の場合はチェーン店形式になっていることが多く、その場合、全国にある同名の店が同じシステム、店構えになっています。後者の場合は独立した個人店が多く、店によってシステムが違います。では、どちらの1000円カットの方がいいのでしょうか。

両者を比較した場合、それぞれメリットとデメリットが存在し、利用者が自分に合った方に行くのがベストということになるでしょう。

カット時間などで自分に合った店を選ぼう

1000円カットのみを行っている店の特徴としては、ゆったりと髪を切ってほしい人にはあまり向いていないことが挙げられます。というのは、店によって10分前後でカットしますと公言している場合があり、美容師と話している余裕などほとんどないからです。よって、これから人と会うので前髪や襟足などを揃えてくれればいいという人、あるいは髪を切ってもらう際、あまり時間をかけてほしくなく、コミュニケーションも不要という人に向いているといえます。

一方、カットメニューとして1000円カットを導入している店の場合、あらかじめ目安となるカット時間が決められているわけではないので、店が混んでなければそれなりにゆっくりと切ってくれますし、話にも応じてくれます。できるだけ安く、それでいてしっかりとカットしてほしい人、店員とのおしゃべりを楽しみたい人に向いているでしょう。

ライバル店が少なく、人通りが多いところに1000円カットを開業すれば、客を集める上で有利になります。